キンケシ(25)。

今回は5月中旬にガシャポンのアイテムとして登場した『キン肉マン キンケシ12』に関して。

キンケシ12_フルコンプ.jpg

気になるラインナップは、“キン肉マン(フェイスフラッシュver.)”、“キン肉タツノリ”、“サイコマン”、“ビビンバ”、“テキサス・クローバー・ホールド(テリーマン VS サンシャイン)”、“千兵殲滅落とし(ストロング・ザ・武道 VS 悪魔将軍(硬度10#ロンズデーライトパワーver.))”の6種に各3色(ペールオレンジ・青・赤)に、サイコマンのカラーバージョンを加えた全19種。

今回はいろいろとイイ感じのラインナップなんで、文句は少なめになりそうな…(笑)。
…って事でいつも通りの個別紹介を始めましょうか。

まずは台紙から。

キンケシ12_台紙.jpg

デザインに関してはいつも通り。
だから言う事も特に無し(笑)。

次はミニブック。

キンケシ12_ミニブック.jpg

横で見るデザインもいつも通りだし、裏面に関してもいつも通り。
あと今回のベースカラーは、“紫”……かな。

で、次からキンケシを。
今回も「ペールオレンジ」で紹介する。

まずはスグルから。

キンケシ12_キン肉マン.jpg

プレミア版を合わせると、今回で15体目になるスグル。
今回はマスクを捲ってフェイスフラッシュをした状態をキンケシ化。
コレはアニメ版と言うよりも中井先生の絵を再現したんじゃないかと思う。
過去に書籍の付録としてキンケシ化されたけど、今回は正規のシリーズとしての登場なんで、個人的には満足してる。

次はタツノリ。

キンケシ12_タツノリ.jpg

チャンスでいつもポップフライを打ってた“辰徳”ではなく(爆)、スグルのお爺ちゃんのキン肉タツノリがキンケシ化。
プレミア版でも登場してない完全新規の1体。
出来も悪くないし、もちろんコレもお気に入り。

次はサイコマン。

キンケシ12_サイコマン.jpg

プレミア版を合わせると、2体目になるサイコマン。
出来に関してはそんなに悪くはないんだけど、プレミア版との差がほとんど無いし、帽子の部分が別パーツになってるしで、かなり微妙な1体(苦笑)。

次はビビンバ。

キンケシ12_ビビンバ.jpg

復活したキンケシシリーズ初の女性キャラが登場。
アニメ版のビビンバを見事にキンケシ化。
顔もそれなりに可愛らしい造形なんで、悪くないと思う。
遂にスグルの嫁が…と言いたいところなんだけど………詳しくは後ほど。

次はテキサスクローバー。

キンケシ12_テキサスクローバー01.jpg

テリーマンの必殺技が初のキンケシ化。
現代のプロレスでほとんどフィニッシュ技にはならないけど、あのサンシャインをギブアップ寸前にまで追い込んだ強力な技だったり…。
まあ、アホなジェロニモのお陰でギブアップは奪えなかったけどな(爆)。

折角なんでサンシャインの表情も撮影しといた。

キンケシ12_テキサスクローバー02.jpg

日本よコレがギブアップ寸前の顔だ(笑)。

次は千兵殲滅落とし。

キンケシ12_千兵殲滅.jpg

始祖編で炸裂したストロング・ザ・武道の必殺技が早くもキンケシ化。
それなりにいい感じだとは思うんだけど、技の性質上パーツが4分割されてるのがねぇ…。
まあ、これだけの技を再現するには仕方ないかな…。

毎回の事ではあるけど、今弾も台紙とミニブックのワザケシ所に「自立しません」って書いてある。
コレに関しては、最早どうでもいい(爆)。

で、最後にカラーバージョンを紹介。

キンケシ12_サイコマン_カラー.jpg

台紙の「彩色工程の都合上、一部塗られてない箇所がございます」って表記はいつも通り。
もちろん「カラーはおまけ」なんで、そこまで気にしてはない。

で、今回も比較写真等を何枚か撮影。

まずはスグル。

キンケシ12_キン肉マン_比較.jpg

プレミアム版(第9弾)との2ショット。
原作バージョン(と思われる)2体を並べてみた。
…ソレ以外は特に言う事は無い(爆)。

次はタツノリ。

キンケシ12_タツノリとサダハル.jpg

弟のサダハル(プレミア版:第1弾のネメシス)との2ショット。
野球選手で考えたらサダハルの方が圧倒的に凄いけど、キン肉族の場合は…!?!?
…コレ以上はやめておこう(笑)。

次はサイコマン。

キンケシ12_サイコマン_比較.jpg

プレミア版(第3弾)との2ショット。
パッと見は同じように見えるけど、顔の表情が微妙に違う。
いろんな意味で微妙(笑)。

次はビビンバ。

キンケシ12_ビビンバ_比較.jpg

旧キンケシのビビンバ(復刻版)との2ショット。
昔のヤツは原作版で、今回がアニメ版。
それぞれのビビンバをイイ感じで再現してると思う。

そしてビビンバはこんな2ショットも撮影してみた。

キンケシ12_ビビンバとスグル.jpg

スグルとの夫婦写真…と言いたいところなんだけど、アニメ版ではスグルとビビンバはくっつかなかったりする。
アニメの場合、スグルはマリさんとくっつくんでビビンバはフラれるんだよね(苦笑)。

で、アニメ版ではこうなる…。

キンケシ12_ビビンバとフェニ.jpg

フェニックスとくっつく(笑)。
ちなみに初期のアニメ版では本編には登場せず、映画に左遷され(爆)、更にスグルにフラれてシシカバブーとくっつく運命が待ってたり…。
ぶっちゃけアニメ版のビビンバはかなりヒドい扱いを受けてるんで、一刻も早く原作版のビビンバとアニメ版のマリさんを出して頂きたいところだけど、担当者がキン肉マンに詳しい人に代わらない限りは、無理なんじゃないかと…(苦笑)。
期待しないで待つ事にするか。

そして最後に今回紹介したキンケシ達を撮影。

キンケシ12_コンプ.jpg

今回は完全新規のキャラや初の女性キャラと、かなりバラエティに富んだラインナップでそれなりに良かったんじゃないかと思う。
サイコマンだけは少々残念ではあったけど、満足はしてる。
とは言え、今後に過度な期待をすると痛い目にあうのは今までに何度も経験してるんで、いつも通りのテキトーな感じで発売を待とうと思う(爆)。

で、痛い目にあう可能性が高いキンケシの今後に関してだけど(爆)、プレミアムの方は『キンケシプレミアムvol.10~繋がり続ける、運命の絆の巻~』(今月発売予定・予約受付終了)と『キン肉マン キンケシフルカラープレミアムVol.1』(9月発売予定・予約受付終了)が予定されてたりする。
カラーについての文句を何度も書いても虚しいだけなんで、今回は無し(笑)。

更にガシャに関しては、『キンケシ13』が今月発売予定で、更に『キンケシ14』が出るとか出ないとか…。
気になる人はネット検索してみれば何か判る……ハズ(笑)。
まあガシャ版に関しては、いずれ公式でも発表されると思うんで、気になる人は公式をチェックしておけばいいんじゃないかと…。

そして前回の最後にチラッと紹介した“こんなモン”だけど…。

キン肉マン切手01.jpg

買っちまいました(自爆)。

ちなみに商品内容は…。

キン肉マン切手02.jpg

切手5枚(410円)とキンケシと超人解説紙のセットで2.400円(税込)なり~。
キンケシと超人解説紙(両面印刷の厚紙が1枚のみ)だけで約2.000円分と考えると、かなりヒドい商品なのが判る(爆)。
超人解説紙だって中井先生の絵だったらそれほど気にならなかったんだけど、ダサいアニメ絵だからねぇ…。
キン肉マンの40周年を悪用した産物…としか言い様が無い(苦笑)。
それでもネット通販では早い段階で売り切れるんだからねぇ…。
いろんな意味で驚かされるよ。

何度も言ってる通り、今年はキン肉マンの40周年なんだけど、昔に比べてキンケシの発売されるペースが遅くなってるのが非常に気になったりする。
流石にこの状態のまま終るのだけは勘弁してくれ…(苦笑)。

今回はこんな感じで。
んじゃまた。

TAK