キンケシ(19)。

今回は、11月に発売された『キンケシプレミアムVol.8~絡み合う因縁の死闘の巻~』に関して。

画像

プレミア版も第8弾まで到達。
今回はあの6人が揃う記念すべき弾でもあったり…。

画像

今弾のラインナップは、“キン肉マン”、“ウォーズマン(幼少時代ver.)”、“悪魔将軍(バッファローマンボディver.)”、“ステカセキング(ネプチューンマンコピーver.)”、“ビッグ・ザ・武道”、“キン肉マン ソルジャー(神父コスチュームver.)”、“ザ・マンリキ”、“ザ・ホークマン”、“ミスター・VTR”、“ソルジャーマン”、“ザ・ゴッド・シャーク”、“オメガマン・アリステラ”、“マリキータマン”、“ルナイト”、“中野さん”の計15種。

相変わらずイミフなラインナップはあるし、割高感を感じるのもいつもと一緒。

って事で文句込みの個別紹介をしますかね(笑)。

最初は“お約束”のスグルから。

画像

ガシャポン版も含めて12体目になるスグル。
今回はマント付きの戦闘スタイルタイプ。
ガシャ版の07で出た時に“マントくらいは付けろ”と書いたんだけど、やっと実現した(笑)。
遅ぇーよ(爆)。

次はウォーズマン(幼少時代ver.)。

画像

今弾の“小さいキンケシ枠”の一つ(笑)。
ウォーズマンっつーか、ニコライ・ボルコフでしょコレ。
ちゃんと“後付け”で本名が出来たんだから、そっちを使えばいいのに…と思う。
この程度のキンケシに出来がイイも悪いも無い(爆)。

次は悪魔将軍(バッファローマンボディver.)。

画像

バッファローマンかと思ってたら、悪魔将軍にカテゴライズされるのね(笑)。
キンケシシリーズのバッファローマンって頭がデカくてバランスが悪いんだけど、コレは丁度いいな(爆)。
担当者や造形師に出来ない事を望んでも仕方ないんだけど、コレは本当にバランスがいい…と思う。

次はステカセ(ネプチューンマンコピーver.)。

画像

ガシャの方で原作版を出して終っておきゃいいものを、まさかこんなモンを出してくるとは…。
喜んでるステカセファンの人も居るとは思うけど、オレ的には全く必要無し。
やっぱりあった“貴重な枠の無駄使い”(爆)。

次は武道。

画像

商品名は「ビッグ・ザ・武道」になってるけど、これはどこをどう見ても「ストロング・ザ・武道」以外の何者でもない。
担当者も造形師も本当にビッグとストロングの違いが判らないのかねぇ…。
さすがにコレは頭を疑うレベル。
詳しくは後ほど。

次はアタル兄さん(神父コスチュームver.)。

画像

冷静で的確な判断力で変身した(笑)神父バージョンのアタル兄さんがキンケシ化。
出来は悪くなくイイ感じだと思う。
でもこんな胸筋が発達していらっしゃる神父様はいねーよ(爆)。

次はザ・マンリキ。

画像

ゼブラチームの先鋒がキンケシ化。
出来もそんなに悪くないんだけど、スクランブルバイスの部分が何故か埋められてて、かなり残念な仕上がりになってる(苦笑)。
このキンケシシリーズは空洞になるべき箇所が何故か埋められてたりする…(※原作版のステカセの頭部も同じ)。
まあその方が安上がりなんだろうけど、やっぱり残念だよ。

次はザ・ホークマン。

画像

マリポーサチームの先鋒がキンケシ化。
アニメ版のホークマンをイイ感じに再現してる。
コレは満足の1体かな。

次はミスター・VTR。

画像

マリポーサチームの次鋒がキンケシ化。
コレも腕と頭を繋いでるケーブルの部分が埋まってるのがねぇ…(苦笑)。
出来はそんなに悪くないんだけにかなり残念。
それでもマリポーサチームが全員揃ってくれた。
コレは本当に嬉しい。

次はソルジャーマン。

画像

運命の五王子の1人、ソルジャーマンがまさかのキンケシ化。
他の四王子の変身前がまだキンケシ化されてない中での異例の大抜擢(笑)。
折角なんで残りの四王子のキンケシ化にも期待したいところ。

次はゴッド・シャーク。

画像

今弾の完全新作の1体。
前弾のウールマンに続き、“真・ソルジャーチーム”のメンバーがキンケシ化。
更に旧キンケシでもキンケシ化されなかった“幻の超人”をラインナップするあたりは素晴らしい。
だからと言って、今までの愚行が許されるワケではないが…(爆)。
出来も良く、お気に入りの1体。

次はオメガマン・アリステラ。

画像

今弾の完全新作の1体。
「オメガケンタウリの六鎗客」のリーダー格でもあるアリステラが遂に登場。
個人的には待ちに待った1体。
出来もそんなに悪くなくて、本当に良かったよ(笑)。

次はマリキータマン。

画像

今弾の完全新作の1体。
Webで連載中の新章でゼブラに勝利したマリキータマンも登場。
もちろんコレも「オメガケンタウリの六鎗客」の1人。
出来もイイし、満足の1体。

次はルナイト。

画像

今弾の完全新作の1体。
一足早くワザケシで登場してたルナイトがキンケシとして登場。
コレに関しては出来に少々不満があるも、今弾で「オメガケンタウリの六鎗客」が勢揃いしてくれた事は本当に嬉しい。

次は中野さん。

画像

もう1体の“小さいキンケシ枠”。
とは言え中野さんは必要な存在なんで、出してくれる事には何ら問題は無い。
折角なんでアナウンサーさんも出して欲しいところ。

以上で個別紹介は終了。
で、いつもなら集合写真なんぞを紹介するんだけど、その前に武道の事について書いておく。

画像

左からプレミア(第1弾)のストロング、今弾の武道、そしてガシャ版(02)のワザケシのビッグ。
パッと見はどれも同じように見える。

でも武道の1番の大きな違いは、剣道着の大垂(おおだれ)の部分。

画像

上がストロングの模様で、下がビッグの模様。
この違いは原作はもちろん、同社から発売されてるS.H.フィギュアーツ(スロトングビッグ)でも確認出来る。
こんな簡単な違いも判らないとは、担当者と造形師の頭は大丈夫なんだろうか??

ネプチューンキングの時も間違ってたのに、そのときの失敗が全く活かされてない(苦笑)。

今までもいろいろと思う所はあったけど、今回に関しては本当にヒド過ぎる(怒)。
始末書を書いて反省し、改めて“ビッグ・ザ・武道”のキンケシを出すように。
コレはお願いではなく命令です(爆)。

んじゃ、気を取り直して何枚か撮影した集合写真を紹介しときますかね。

まずはコレ。

画像

マリポーサチーム。
やっぱりチームが揃うのは嬉しい。
改めて見るとなかなかに凄いメンバーだよなぁ…(苦笑)。

次はコレ。

画像

真・ソルジャーチーム。
旧キン消しのブルドーザーマンとヘビー・メタルにご協力頂いてついに実現(笑)。
現状ではこの2人のキンケシの予定が無いんで、撮影してみた。
なかなかに凄いメンツだよなぁ…。
本戦に出場したのが超人血盟軍で本当に良かったよ(爆)。

次はコレ。

画像

オメガケンタウリの六鎗客。
単体紹介でも書いたけど、やっと揃ってくれた。
それなりにイイ感じでディフォルメしてあるんで、個人的にはお気に入り。

次はコレ。

画像

オメガマン兄弟。
左が弟のディクシアで、右が兄ちゃんのアリステラ。
オメガマンは好きな超人なんで、この2ショットが実現したのは何気に嬉しかったり…。

で、最後に15体を並べて撮影。

画像

商品名を完全に間違えたモノがあったりもしたけど、ラインナップ的にはそんなに悪くない…と思う。
個人的にはそれなりに満足できるラインナップかな。
来年はキン肉マンの40周年らしいので、来年もプレミア版、ガシャ版と末永く続いて欲しい。
但し、続ける以上は担当者と造形師にキン肉マンについて本気で勉強して貰わないと本当に困る。

そんなキンケシの今後に関してだけど、プレミアムの方は『キン肉マン キンケシプレミアム the BEST -完璧超人始祖降臨の巻-』(今月発売予定・予約受付終了)と、『キン肉マン ワザケシプレミアムvol.2』(2019年2月発売予定・予約受付終了)、そして『キンケシプレミアムvol.9 ~火花散る、運命の王子達が集結の巻~』(3月発売予定・2019年1月7日予約受付終了)が予定されてたりする。

更にガシャに関しては、『キンケシ~血盟軍集結!~』が今月発売で、他にも『キンケシ10』と『キンケシ11』が出るとか出ないとか…。
気になる人はネット検索してみれば何か判る……ハズ(笑)。
まあガシャ版に関しては、いずれ公式でも発表されると思うんで、気になる人は公式をチェックしておけばいいんじゃないかと…。

…って事で、今年もキンケシについていろいろと書いてきたけど、年内のキンケシに関する更新はコレにて終了。
とりあえずは来年もキンケシの発売は続いてくれるんで、2019年もいろいろと文句を言いつつキンケシの収集を楽しんでいければと思っとります。

もちろん文句が無いに越したことはないけど、おそらくソレは無理っショ(爆)。

今回はこんな感じで。
んじゃまた。

TAK